株式会社熊澤
ホームへ会社概要商品目録アクセスリンク
塗装製品
塗装製品
各種塗装用品
配達地域
岡山県内
お問い合わせ
〈本社〉
所在地 〒706-0134
岡山県玉野市東高崎
26-110
tel.0863-73-5011
fax.0863-73-5022
〈岡山営業所〉
所在地 〒702-8042
岡山県岡山市洲崎
1丁目2-14
tel.086-264-7475
fax.086-264-8569

ビクロンウォッシュプライマー

金属前処理塗料。(ビニルブチラール樹脂系エッチングプライマー)
★特長
優れた表面さび止め処理力です!
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)を塗装することにより・・・・。
○金属表面に化学的に作用して不溶性金属塩のさび止め皮膜を形成します。
○その金属表面処理作用により、金属表面を粗面化して付着に好適な
素地にします。
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)は、塗装時に金属表面さび止め処理作用の
進行と硬化反応を同時に行い、強靱な塗膜を形成しますが、
その際塗膜はきわめて強固な付着力を持って金属表面を被覆します。
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)は、金属表面処理作用とともに、
その硬化塗膜は、強い耐食性を示し、他の下塗塗料と比べて上塗塗料の
さび止め性をいちじるしく向上させます。
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)は、乾燥がきわめて速く、
5分以内で指蝕乾燥し10分以内で硬化乾燥します。
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)は、塗膜硬化時の硬化反応により、
一般の溶剤に対して不溶化する性能を有します。
アルコール系溶剤、ケトン系溶剤、エステル系溶剤などに長時間浸漬しても、
塗膜は幾分の溶剤を吸って膨潤する場合があっても、溶出・ふくれ・はがれなどを
生じることはなく、金属素地へ強固に付着しています。
ビクロンウォッシュプライマー(2液型)の上に、他の塗料を上塗りした場合、
ほとんど全ての塗料との付着性はきわめてよく、そのうえ、上塗塗料の諸性能を
一段と向上させます。
※希釈はビクロンウォッシュプライマーシンナーをご使用ください。
★用途
鉄及び鉄系合金(鋼鉄・鋳鉄・その他各種特殊鋼)・アルミニウム・マグネシウム系
軽合金・
銅・錫・亜鉛及び亜鉛系合金(真鍮・青銅など)の表面処理に。
★容量
16kgセット(主剤12.8kg+添加剤3.2kg)
4kgセット(主剤3.2kg+添加剤0.8kg)
★塗装回数:1回
★希釈率
はけ:10~30%
エアースプレー:80~100%
エアレス:40~60%
★乾燥時間
【硬化乾燥】
5℃:25分
20℃:5分
30℃:3分
【塗装間隔 最短】
5℃:6時間
20℃:2時間
30℃:1.5時間
【塗装間隔 最長】
5℃:6日
20℃:6日
30℃:6日
★使用可能時間(ポットライフ)
20℃:10時間以内
★塗面積
40~50㎡/4kgセット
160~200㎡/16kgセット
注)使用量は標準値です。素地の状態により使用量が異なることがあります。
★適用上塗
合成樹脂系(常乾・焼付)、ラッカー、油性系塗料、エマルション樹脂塗料など
ほとんどの塗料を上塗りしても良好な付着性を示します。
★注意事項
主剤に添加剤を加え、攪拌せずに放置すると凝集しブツの原因になります。
また、添加剤の量が不足した状態で放置すると、短時間に増粘したり
ゲル化することがあります。
主剤・添加剤の混合後、10分間そのまま放置し、熟成させた後使用してください。
すぐに塗装するとアルミなど付着しにくい素材では付着不良を起こすことがあります。
湿度80%以上(25℃以上)のときに、塗装すると白化現象を起こすことがあります。
この場合には、ビクロンウオッシュプライマーシンナーに、
ビクロンウオッシュプライマーリターダシンナーを40~60%加えて使用してください。
ビクロンウオッシュプライマーは常温乾燥の場合2時間後に、
また焼付乾燥の場合は80~100℃で10~20分間焼付けしてから
上塗りするのが最適です。
屋内に放置する場合は6日以内に上塗りしてください。
屋外放置する場合は、24時間以内に上塗りしてください。
★取扱い及び保管上の注意
1. 取扱い後は、手洗い及びうがいを十分に行ってください。
2. よくフタをし、40℃以下で子どもの手の届かない一定の場所に保管してください。
3. 容器は中身を使い切ってから破棄してください。
4. 缶の持ち運びの際には、手環はグリップ部を正しく持ち、
垂直に持ち上げる様に取り扱ってください。
5. 容器を切って使用する場合は、手を切る恐れがありますので
保護手袋などを使用してください。
6. 本来の用途以外には使用しないでください。